元離宮二条城の見どころを紹介しています。 実際の見学順路と同じコースで、御覧いただけます。
.jpg


世界遺産登録 元離宮ニ条城


★京都観光のおみやげは、こちらから!★


  ・入城時間   8:45 〜 16:00 (閉城17:00)
  ・二の丸御殿  9:00 〜 16:00
  ・休城日
     12月26日〜1月4日、7月、8月、12月、1月の毎週火曜日
                             (休日の場合は翌日)

二条城 最寄の宿泊施設

京都全日空ホテル 京都国際ホテル

天守閣跡

tensyukaku tizu.jpg

 天守台石垣高さ約二一米、上敷地四四五平方米、この上に五層の天守閣が寛永三年伏見城から移して建てられた。 寛延三年雷火により付天守と共に焼失し、以後再建はなかった(表示板より)
tensyukaku hyoujiban.jpg

 天守閣(跡)へ続く石段があります。 何処の城でもそうですが、かなり急な角度がついています。 着物姿でこれを登り降りするのは、さぞ大変だった事でしょう。 では登ってみます。
tensyukaku isidan.jpg

 何にもありません。 
tensyukakuato.jpg

 下の写真は天守台から見た本丸御殿(重要文化財)です。 向かって左手に見える高い山は、織田信長が焼き討ちにした延暦寺で有名な比叡山(ひえいざん)です。 右の高い山は如意ヶ岳で、通称「大文字山」又は「右大文字」と呼んでいます。

 毎年8月16日の夜8時に大文字送り火が実施され、大の字が夜空に燃え上がります。

☆所在地: 京都市左京区浄土寺七廻り町(じょうどじ ななまわりちょう)
☆山 名: 大文字山(如意ヶ岳または如意ヶ嶽=にょいがたけ)
☆火 床: 75ヶ所
☆大きさ: 一画80m(45間・19床)、二画160m(88間・29床)、三画120m(68間・27床)

 ここからは確認できなかったのですが、他にも「左大文字」「妙法」「船形」「鳥居形」があり、午後8時の如意ヶ岳の大文字着火後、5分間隔で順番に着火していきます。
tensyukaku kara honmaru.jpg

 天守台の北方向に目を移すと、NHK京都放送局の電波等が見えます。
tensyukaku kara nhk.jpg

★京都観光のおみやげは、こちらから!★

二条城観光のヒントになりましたでしょうか?

☆ブログランキングに参加しています。
宜しく御願い致します。

banner2.gif
posted by 二条城 城主 at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。